彼女を作るテクニック

イケメンなのにモテない。女子にモテる理由はイケメンではない!?

こんにちは、松本です。

今回は、イケメンなのにモテないという人たまに見かけませんか?という話です。いや、たまにというか結構見かける気がしますよね。

 

なんでなんだろう、とよく疑問に思いませんか? どう考えても顔立ちが整っている、なのに何で女性が寄ってこないんだろうと。

 

それは、そもそも女性はイケメンを求めているわけではない、というのが原因だったりしますね。いや、イケメンの方が有利なのは間違いないんですがそれ以外の要素が非常に重要です。

 

なので、この記事では生まれつきのイケメンに勝つ方法を伝授していきたいと思います。

 

 イケメンに勝つ方法とは、雰囲気イケメンになること!?

 

このタイトルだけだと「???」という感じだと思います(笑)

 

これは、生まれつきのイケメンより努力してイケメンに近づく人間の方がモテる、ということです。

 

いやいや、芸能人とかめちゃくちゃイケメンじゃないか、それで女優とかモデルとかと浮名を流してるじゃん、と思うかもしれません。

 

しかし、彼らは確かに素材としては良いものを持っていたのでしょう。ただし、彼らは自分たちのめちゃくちゃ見た目を磨く努力と、事務所から雇われたマネージャーやスタイリストが知恵を絞って出した彼らを魅力的に見せるプランによって成り立っているわけです。

 

あと、メイクもしてますし、注目されることで垢抜けてくるという面もありますね。あのキムタクですら高校の同級生だったマツコ・デラックスに「高校の頃はそんなにかっこいいと思わなかったけど、デビューして時間が経つごとに顔ができてきた」と言われていました。

 

また、彼はマネージャーの徹底的な管理によって服装や髪型も最大限に魅力的に見えるように調整されていました。SMAPのメンバーの髪型や服装を調整して、キムタクが一番輝くように工夫していたみたいです。

 

というように、商売なので本当に徹底的に魅力的に見えるような趣向が凝らされているわけですね。

 

この話から伝えたかったことは、とにかく「自分磨き」が大事ということです。

 

元々、目鼻立ちが整っているだけではモテません。それは女子から「イケメン」ではなく、「顔立ちが整っているね」と言われるだけでそこまで評価が高くないんです。

 

せいぜい、高校生までですかね。目鼻立ちが整っているだけでモテるのは。多分女子から告白を受けるのは大体高校生までだと思います。それ以降は、いかに男子からぐいぐい行くかが求められますからね。

 

さて、それは分かったけどどうやって「イケメン」な雰囲気をまとえるんだ、と疑問だと思いますのでそれを分析していきましょう。

 

 女子の言う「イケメン」は、女の子に慣れている「っぽい」雰囲気を漂わせている人のこと。

 

というタイトル通り、実際に女性に慣れているかはさておき「女性慣れしていそうな雰囲気」を漂わせるとモテるようになります。俗に言う「垢抜ける」も似たような意味ではないでしょうか。

 

まず、美容院に行ってください。そして、自分に似合う髪型にしてもらいましょう。そして、ワックスの付け方を教えてもらってきてください。

 

髪がきちんと整っているとそれだけでかなりの垢抜け感を出せます。

 

あとは、眉毛ですね。眉がギザギザだとせっかく髪の毛を整えても台無しになります。眉専門美容院にいきましょう。もしくは、Youtubeで整え方を検索してみて、道具を買ってきて自分でやっても良いです。

 

あとは、服ですね。自分のサイズに合った細身のジーンズと、ピッタリのサイズのTシャツにジャケットを羽織っていれば何ら問題はありません。GUでもH&Mでも良いです。大事なのは素材よりも、サイズがピッタリかどうかです。

 

最後に、首からアクセサリー(派手なものではなく、シンプルなデザインのもの)をかけたら完成です。

 

これだけでめちゃくちゃ垢抜けて見えますよ。お試しあれ。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。